夏祭りと言うと、女性は浴衣姿とイメージされる方も多いのではないかと思いますが、困るのは髪型ではないでしょうか。

浴衣姿ですからすっきりと上げて、涼しい感じで爽やかな感じであると良いと思いますが、特に決まった決まりごとが有る訳では有りません。自分が思った様にやってみましょう。

浴衣だからと言って、その姿にこだわる必要も有りません。

洋服を着る時と同じ様な感じで良いですので、自由にアレンジしてみてはいかがでしょう。

ただ、髪の毛をびしっとまとめてしまうよりは、フワッとした感じで後れ毛が風になびく様な柔らかいイメージの方が似合うのではないでしょうか。

どうしても自分ではどうしたら良いのか分からないと言う方は、本や雑誌等を見て、真似てみてはいかがでしょうか。

何回か繰り返して練習していると、自然と出来る様になってきますよ。

あまり気負わず、簡単な事から始めて行きましょう。

そんな浴衣ですが、今は夏祭りの時にしか着ないと言う人が多いですが、その昔は普段着として普通に皆着ていました。

昔は白や藍色と言った色合いの浴衣が多かったですが、今では黄色や赤、ピンク等カラフルな物も多く、選ぶ楽しさも味わう事が出来ます。

また、浴衣と違って着る時に使う小道具も少ないし、着方も簡単ですので、気軽に着ていただけるのも魅力です。

ですから、夏祭りの時だけではなく、旅先や色んな場面で着てみるとちょっとおしゃれで良いのではないでしょうか。

浴衣を着て夏祭りなんて、夏の風物詩的な感じで雰囲気が有り、素敵だと思いますよ。